生分解性インシュロック

生分解性インシュロック

植物由来の生分解性プラスチック、水と二酸化炭素へ分解

●トウモロコシなどの植物由来のプラスチックであるポリ乳酸*1を主原料としており、石油由来のプラスチックに比べ枯渇性資源への依存度が低いため、循環型社会の形成に貢献する地球環境に優しい製品です。

●コンポスト*2(堆肥化)装置などの適切な環境下で処理することで、温度・湿度などの影響による加水分解、その後微生物による生分解が起こり、最終的にほぼすべてが水と二酸化炭素に分解します。

●通常の環境下ではほとんど分解しないため、従来のインシュロックと同じように使用できます。ポリ乳酸は燃焼時のCO2排出量が他のプラスチックに比べて少ないため、CO2削減に貢献します。

  • *1:ポリ乳酸とは植物が生成したデンプンや糖を原料とするバイオマスプラスチックであり、条件が整った環境下で微生物によって分解される生分解性プラスチックです。
  • *2:コンポストとは生ごみや落ち葉、枯れ草などの有機物を微生物の発酵分解によって堆肥化するための装置です。

製品の特長

分解性能

BDGシリーズは通常の室温環境下ではほとんど分解しませんが、コンポストなどの適切な環境下で分解させることができます。

生分解性インシュロック 分解性能

3週目ごろから分解による破断が起き始めました。12週目には更に分解が進み、手で触っただけで脆く崩れるような状態となりました。

<ご注意!>

地中、水中などにおける生分解する速度はその環境により大きく異なります。よって、生分解の速度は一律に特定することはできませんので、ご了承ください。

関連動画

仕様

材質 ポリ乳酸(PLA)
環境負荷物質管理体制 RoHS適合 ハロゲンフリー
常時使用温度範囲 -40℃~+85
グレード

標準

耐候

耐熱

耐薬品

難燃

bdg_img02.png

型番表

型番 結束径
φ(mm)
寸法(mm) ループ引張強度
(最小値)
N(kgf)
販売単位
(本)
図面
ダウンロード
全長L 幅A B C D T
BDG100 4.0~22.0 100 2.5 4.8 3.5 4.8 1.1 80 (8.16) 100 図面
BDG150 5.0~36.0 153 3.5 6.4 4.4 6.5 1.2 130 (13.26) 100 図面
BDG200 6.0~50.0 202 4.7 6.8 5.9 7.8 1.3 200 (20.39) 100 図面
BDG250 12.0~65.0 252 4.8 9.0 5.0 8.8 1.5 250 (25.49) 100 図面