インシュロックタイの引張強度

技術情報
インシュロックタイの引張強度

■インシュロックタイの引張強度に関する試験

 

インシュロックタイを安心してご使用いただくため、弊社ではバンド引張試験機による評価を実施しています。

 

quality_top_pic_450.jpg

SAE AS23190(旧 MIL-S-23190E*1)
(STRAP, CLAMPS, AND MOUNTING HARDWARE, PLASTIC AND METAL
FOR CABLE HARNESS TYING AND SUPPORT)

 

SAEは航空宇宙産業などの規格です。ヘラマンタイトンのプラスチック製や金属製のケーブルタイの「ループ引張強度(最小値)」は、このSAE-AS23190(旧 MIL-S-23190E)に準拠しており、その各規定により、その試験環境・治具・方法を定めています。

quality_second_pic_354.jpg

SAE AS23190B(旧 MIL-S-23190E*1) 4・7・3

 

引張試験機に規定マンドレルをセットし試験品を結束後、1分間に1インチ(約25mm)の速度で下方向へ引張した時に試験品が外れ、または破断した時の数値を測定します。

 

*1:MIL(Military Specifications and Standards)米国の軍用規格

■「ループ引張強度」、「機械強度」試験のマンドレル設定方法

「ループ引張強度」は、総合カタログインシュロックタイパネル固定用結束バンドの各製品ページ、また製品袋に最小値が表示されています。
「機械強度」は、UL規格認定品のパネル固定用結束バンド固定アクセサリに対して設定された強度で、該当製品の袋に表示されています。

product_loop.gif

 

 

■インシュロックタイの伸び、ロック外れ、または破断について

 

インシュロックタイの強度はループ引張強度(ループ状に結束されたタイが破断する際の強度)と、単純引張強度(タイ自体の破断強度)の2種類の強度測定方法があり、ループ引張強度は単純強度の約1.5倍~1.8倍程度(一部製品を除く)となります。
弊社の結束工具(タイメイト)でインシュロックタイを結束する場合、タイを締め付ける瞬間、タイに単純引張の力が掛かります。弊社では、結束工具(タイメイト)の締め付け強度指示値は、タイ自体の単純強度に基づいて設定されており、製品ごとに安定した結束力を保持します。
ただし、設定された締め付け強度指示値より高い指示値で結束すると、タイ自体の単純強度を上回り、バンド部が伸び、破断あるいはロックが外れる恐れがあります。
このような場合、結束工具の締め付け強度指示値をご確認いただき、ご使用のタイに合わせた適切な締め付け強度指示値に設定の上、結束していただくことを推奨します*2。また、インシュロックタイの使用環境に応じて、締め付け強度指示値の調整が必要になることがありますので、お客様ご自身で必ず評価とご確認作業をお願いいたします。他社製の結束バンドを弊社の結束工具(タイメイト)で結束される場合、または弊社製のインシュロックタイを他社製の結束工具で結束される場合、適切に結束ができない場合がありますのでご注意ください。
*2:締め付けテンション値の確認にはタイメイトデジタルテスターをご使用ください。

 

<ご注意!>

●本サイトに記載する内容は信頼のおけるものと考えています。しかし、その情報の完全性について保証するものではありません。ご使用の際には選定した製品が用途に適合するかどうか、貴社にて評価・確認していただくことが必要です。

●当社の責任範囲は、製品の取引条件にて確認されることのみであり、製品の使用、誤使用等によって起こった偶発的、間接的損傷については、製造物責任法で定める場合を除き責任を負いません。

●仕様の変更は予告なしに行うことがあります。また、仕様に影響を与えない範囲での材料、工程等の変更を行うことがあります。 ただし、別途契約書にて確認した取引条件については、それに従うものとします。

製品に関するご質問、ご相談、代理店紹介などお気軽にお問合せください。

お問合せ  

YouTube-social-squircle_red_24px.png

 

                       ページの先頭に戻る