中東におけるケーブル接続部の保護・絶縁ソリューション | ヘラマンタイトン株式会社

コーポレートブログ

2021/1/19

 
 

今回のコーポレートブログでは、へラマンタイトン社グローバルウェブサイトブログで掲載された記事をご紹介します。以下はそのウェブサイト掲載ページの日本語訳になります。

 

※当該ページにてご紹介している製品は、日本国内未発売品を含みます。(2021年1月時点)

Dubai_Opera_House.jpg


ペルシャ湾周辺の建設プロジェクトは活況を呈しています。プロフェッショナルサービスと高品質な製品に対する需要の拡大を受けて、ヘラマンタイトンは2014年からドバイにオフィスを構え、中東各地の社会インフラや建設工事、太陽光発電所プロジェクトにおいて積極的な活動を行っています。

どのような配線ソリューションが推奨され、お客様に採用頂いているのか、具体的な事例と共にご紹介します。

   

UAEでの使用環境を想定して開発された レリコン®レリシール

   

relicon_reliseal_300

レリコン®レリシールは、保護等級IP68のゲル入り保護絶縁キットで、地中および地上のケーブル接続部を安全かつ長期間にわたり保護するのに理想的なソリューションです。

機械的な保護、絶縁、そして優れた防水・防塵性を簡単な作業ステップで実現します。

   

中東でレリコン®レリシールが選ばれる理由

   

レリコン®レリシールは、地上と地中埋設の両方の環境下において、砂、埃、水などの異物侵入からケーブル接続部を保護します。

地上での紫外線や異物侵入による劣化や、地中での浸水による漏電などが、ケーブル中継ボックスの不具合の主な原因とされています。

防水・防塵性に優れたハウジングを備えたレリコン®レリシールは、厳しい外部環境に耐えうる保護・絶縁性能を持ち、保護等級IP68にも適合しているため、長期間にわたる保護や作業工程とコスト削減に貢献します。

   

relicon_reliseal_300_245

優れた特長:

・スリーブ部は、EPR(エチレンプロピレンゴム)とネジ込み式ケーブルグランドからなる密閉性
・電線の被覆が損傷した場合でも高い水密性を維持
・IP68の保護等級
・定格電圧/電流:450V/25A (3P), 16A (5P)
・使用温度範囲:-20 to +85°C

   

中東におけるレリコン®レリジェルの採用事例

   

採用事例1:Emerald Palace Kempinski Dubai

relicon_reliseal_282_300 写真の現場では、屋外照明(ヤシの木)の漏電防止として、440リットルのレリコン®レリジェルが採用されました。

昼間だけでなく、夜も「Emerald Palace Kempinski Dubai」の姿は本当に目を引きます。

太陽が沈むとすぐに、ヤシの木が個別にライトアップされ、印象的な景観をかもし出します。

以前は、照明用ケーブル中継ボックスが各ヤシの木の下にありましたが、地下水位が高く、またスプリンクラーにより浸水してしまうことがありました。

解決策が必要とされていた中で、今回、レリコン®レリジェルが採用されました。

各ボックス内には約4リットルのレリジェルが流し込まれた後にゲル化(ゼリー状に凝固)し密閉されており、合計で約440リットルがこのプロジェクトで採用されました。

2018年9月の施工以来、漏電事故は1回も発生していません。

   

採用事例2:大規模な石油精製所(UAE)

relicon_reliseal_300_200この石油精製工場での案件は、レリジェルを横向きに流し込む必要がありました。

アラブ首長国連邦の主要な石油精製工場で、冷却剤とオイルがコンプレッサーのバルブから漏れる問題が発生しました。この問題を解決するための課題は、個々のチャンバーが垂直であり、上部に穴を開けることができないことでした。

そのため、レリコン®レリジェルを横から流し込む必要があり、これを行うために、チャンバーの横から穴あけ加工が行われました。

また、施工中に凝固前のレリジェルが流出するのを防ぐために、薄いプラスチック製の板枠が取り付けられました。

施工は2018年12月に行われ、その後、2年間の試験期間をもって、問題ないとの評価を頂きました。 これにより、合計で約2,000リットルのレリジェルが採用されることになりました。

   

採用事例3:遊歩道の美化工事(アブダビ)

relicon_reliseal_282_300_02レリジェルの使用により、ケーブル中継ボックスは地中に埋められ、アブダビで最も美しい遊歩道となりました。

花とヤシの木がアブダビの目抜き通りを彩っています。しかし、ここには1度に2つの問題が発生しました。

1つ目は、ヤシの木を照らし、花に水をやるのに必要な電源ボックスが外側から見えてしまい、外観を損ねていました。

2つ目は、水が定期的にボックス内に浸水し、漏電を引き起こしていました。

これらを解決するべく、レリコン®レリジェルが使用され、すべての電源ボックスを地中に埋め込むことが可能となりました。

また、施工後は漏電もなくなり、レリジェルはより美しい外観の演出に貢献しました。

   

ヘラマンタイトンは、ケーブルマネジメントについて他社にはない豊富な知識を蓄積しています。私たちは、新たな設計をご検討の皆様に、こうしたノウハウを積極的にご提供しています。サンプルや詳しい情報をご希望の方は、ヘラマンタイトンまでお問合せください。

   

製品に関するご質問、ご相談、代理店紹介などお気軽にお問合せください。

YouTube-social-squircle_red_24px.png

                       ページの先頭に戻る

ページのTOPへ