コーポレートブログ

2019/1/31

 
 

 ヘラマンタイトンは、昨年11月に東京ビッグサイトで開催されたハイウェイテクノフェア2018に出展し、配線結束や保護・絶縁に関する様々な製品を展示しました。その中でも、レジン注入式ケーブル接続部保護絶縁キット「レリコン」や、耐候性・耐塩害性結束バンド「ガルバロック」は、多くのお客様にご好評いただきました。

「レリコン®」のデモンストレーションを実施

 ハイウェイテクノフェア2018では、「レリコン」の特長をより多くのお客様に知っていただくため、展示会場に実演コーナーを設け、独自の二色混合レジン注入のデモンストレーションを行いました。

簡単で扱いやすい!

 「レリコン」は、初めての女性でも作業がしやすいよう、専用の漏斗などを使用しなくても、レジン袋に充填ノズルを取り付け、混合済みのレジンを注入ケースへ直接流し込むことができるため、レジンをこぼす心配がなく、簡単・確実に絶縁作業が行えます。

今回、ハイウェイテクノフェアでレリコンの体験取材を行っていただきました。

「ガルバロック®」 NETISに登録!

 太陽光発電パネル施工用結束バンドのパイオニアとして、圧倒的な販売実績を誇る耐候性・耐塩害性結束バンド「ガルバロック」。
近年では、道路のトンネル内照明工事、電気通信工事におけるケーブルラック配線結束、落下防止ネットや鳥害防止ネットの固定など、様々な用途に使用されております。
そんな「ガルバロック」が、この度、公共工事における新技術活用の情報の共有及び提供を目的とした、国土交通省が運用を行うデータベース「新技術情報提供システム(NETIS)」に登録されました。*1

 

*1:登録No.KK-170053-A(スタンダード形状のみ)

GalvaLok_app_430.jpg

トンネル内の電気通信工事におけるケーブルラックの配線結束に使用される「ガルバロック(スタンダード形状)

製品に関するご質問、ご相談、代理店紹介などお気軽にお問合せください。

お問合せ  

YouTube-social-squircle_red_24px.png

 

                       ページの先頭に戻る