環境への取り組み | ヘラマンタイトン株式会社

環境への取り組み

会社案内
環境への取り組み

環境への取り組み


ISO14001 認証取得

ヘラマンタイトン兵庫工場では、ISO14001を活用して、使用する資源・エネルギーの使用量、または使用原単位削減に努めるなど、環境負荷を低減し、環境の保全に努めることで、人と環境に調和した生産活動を推進しています。

 


<環境方針>

ヘラマンタイトン兵庫工場は、プラスチック樹脂成形品及び工具の設計、開発、製造及び出荷の事業活動を通じ、環境保全の重要性を認識し、環境負荷を低減し、環境の保全に努めるため、「環境方針」を定める。

①行動指針
(1)使用する資源・エネルギーの使用量または使用原単位の削減に努める。
(2)発生する廃棄物の適正な処理と再資源化の推進に努める。
(3)環境に配慮した資源の使用に努める。
(4)法規制及び顧客の要求事項に基づき環境負荷物質の管理を行う。
(5)環境に有益な活動を積極的に行う。

②継続的改善
環境管理システムを整備し、環境影響評価に基づき技術的、経済的に可能な範囲で、環境負荷の継続的改善と汚染の予防に努める。

③生態系の保護
持続可能な資源の利用や気候変動の緩和、及び気候変動への適応、並びに事業活動や地域貢献活動を通して、生物多様性の維持、回復を積極的に推進し、生態系の保護に努める。

④法規制遵守
環境関連の法規制及び協定等を遵守する。

⑤環境目標の設定
活動の推進のため環境目的・目標を定め、その実現を図り、環境方針とともに定期的に見直しを実施する。

⑥従業員への教育
本方針を実施し、維持するとともに工場内で働く全員に、工場内での掲示及び教育を通じ、周知する。

⑦情報の公開
本方針は、社外から要求、その他必要に応じ公表する。 

<環境負荷物質管理基準>

弊社は、環境負荷低減に資する製品づくりに取り組んでいます。
プラスチック製のインシュロックタイ、およびインシュロックアクセサリのほとんどは環境負荷物質を含んでいません。
詳細情報は、ホームページの環境規制物質情報でご確認頂けます。また、JAMP:Joint Article Management
Promotion-consortium(アーティクルマネジメント推進協議会)が推進するJAMP AIS(アーティクルインフォメーションシート)のXMLデータもホームページからダウンロードしていただけます。

植物由来樹脂結束バンド

環境対応型製品の開発

弊社では、環境に優しい製品づくりの一貫として「環境ソリューション製品」の研究開発活動を推進しており、業界初となる「植物由来樹脂結束バンド(ナイロン11製品)」を開発、販売を開始しています。

<グリーンパートナー環境品質認定制度>

2003年8月にソニー株式会社様が推進している「グリーンパートナー環境品質認定制度」において、グリーンパートナーとして認定されました。

資源の有効活用(廃プラスチックの有効活用)

資源の有効活用(廃プラスチックの有効活用)

製造時に発生する廃プラスチックを有効利用するために、3つの方法で処理しています。

①リグラインド材:ランナーのような汚染のない製品を再利用するために粉砕して、リグラインドし活用しています。

②サーマルリサイクル:これまで廃棄処理していた廃プラスチックを利用し、現在ではセメント工場の熱源に有効活用しています。一方、埋め立てごみの量を減らす大きな役割も担っています。

③専門業者へリサイクル用樹脂として販売:その他の廃プラスチックは、専門業者に、リサイクル用樹脂として販売しています。

資源の有効活用(ダンボール使用量の低減)

資源の有効活用(ダンボール使用量の低減)

兵庫工場内で、製造から最終出荷段階で、社内流通用として使用されているダンボール使用量を減らすために「通い箱」の使用を開始しました。2008年は5,000kg以上のダンボール量の低減に成功しており、今後毎年低減していく予定です。

資源の有効活用(CO削減活動の促進)

省エネ設備の導入を進めており、使用する電力の省力化活動を積極的に推進しています。

資源の有効活用(事務用品の購入量低減 

OA用紙やファイルなど、事務用品の購入量低減への取り組みを展開しています。

製品に関するご質問、ご相談、代理店紹介などお気軽にお問合せください。

お問合せ  

YouTube-social-squircle_red_24px.png

 

                       ページの先頭に戻る