太陽光発電システム施工展 出展について

お知らせ・展示会
太陽光発電システム施工展に出展します。

PVlogo_jp.jpg  

会期: 2017年3月1日[水]~3日[金] 10:00~18:00(最終日は17:00終了)
会場:東京ビッグサイト 小間番号:東2ホール E16-40
主催:リード エグジビション ジャパン株式会社

ヘラマンタイトン株式会社は「第8回太陽光発電システム施工展」に出展いたします。

ブースでは、
●優れた耐塩害性と耐候性で、ソーラーパネル架台など亜鉛めっき鋼鈑周辺での配線施工に最適な、太陽光発電の配線用結束バンドのパイオニア
「ガルバロック」

●架台フレームのエッジ部にはめ込むだけで、穴あけ・ビス止め不要で、簡単に配線固定できる「ガルバロック・エッジクリップGLEC5-S」

●3.2mm 厚の架台フレームに対応する「ガルバロック・エッジクリップGLEC1640-S」
 
など「結束・固定・保護・絶縁・表示識別」をキーワードに、ソーラーパネルの配線ソリューション製品群をご提案させていただきます。
 
ご来場の際は是非ヘラマンタイトンブースまで、お立ち寄りください。皆様のご来場をお待ちしております。

    galvalok_tie_pic_358.jpg


galvalok_ec5s_pic_358.jpg


GLEC1640S.jpg

ガルバロック

 

優れた耐塩害性と耐候性で、ソーラーパネル架台周辺での配線施⼯に最適な結束バンドです。
塩害対策として、沿岸部の屋外の亜鉛めっき鋼鈑周辺や、融雪剤・凍結防⽌剤の影響がある降雪地域での配線施⼯に効果を発揮します。
耐候性にも優れ、屋外暴露20年相当の耐候促進試験時間経過後も劣化による破断はなく、結束⼒を保持します。

ガルバロック・エッジクリップ GLEC5-S

 

ソーラーパネルの架台フレームのエッジにはめ込むだけで、簡単に配線固定できます。耐塩害性に優れ、亜鉛めっき鋼鈑周辺の配線に最適で、絶縁性にも優れています。
縦・横いずれの⽅向からもガルバロックを挿⼊でき、配線マネジメントの⾃由度が拡⼤します。⽳あけ・ビス⽌めが不要のため作業効率がアップします。
適⽤パネル厚:1.0~3.0mm

ガルバロック・エッジクリップ GLEC1640-S

 

3.2mm 厚の架台フレームのエッジに簡単に取り付けができ、脱落しにくい独⾃のハウジング形状と⽖クランプ機構を採⽤し、強固に取り付けできる構造です。
従来品(GLEC5-S)に⽐べ40%以上、耐荷重
性能がアップしました。
ハウジングは耐塩害性・絶縁性に優れており、⽳あけ・ビス⽌めも不要なため作業の効率化に貢献します。
適⽤パネル厚:1.6~4.0mm

製品に関するご質問、ご相談、代理店紹介などお気軽にお問い合わせください。

お問い合わせ  

YouTube-social-squircle_red_24px.png

 

                       ページの先頭に戻る